スティーブン・ジェラードとリバプールのキャプテン道


リバプールのキャプテンを務めることは、大きなプレッシャーを背負うものだと言われますね。
世界中から寄せられる大きな期待。
プレイヤーとしてのパフォーマンスに加えて、チームメイトを牽引し、鼓舞するキャプテンシーを発揮しなければならない。

私自身、これまで数多くのリバプール・キャプテンを見てきましたが、やはりキャプテン!と言って、すぐに頭に浮かぶのは、スティーブン・ジェラードの姿です。

ここぞ!というとき。
ここしかない!というとき。
スティーブン・ジェラードは、劇的な仕事をしてくれました。

さて、そのスティーブン・ジェラードですが、LFCのオフィシャル・ウェブへ向けて、ジョーダン・ヘンダーソンについて語っています。
その中に、こんな言葉がありました。

「アームバンドは、大きなプレッシャーと責任を伴うものだ」

「だからジョーダンは、他のどのプレイヤーとも違った評価を受けることだろう。私がそうだった」

スティーブン・ジェラードは、もとよりミッドフィールダーとしてのヘンドを高く評価しています。
さらに、キャプテンシーという点においても、認めている。
そう言っていいと思います。

ただ、その重責がどれほどのものかを知るのは、実際にアームバンドを巻いた者にしか分からない。

リバプールは、これからプレミアリーグのトップ4争いを勝ち抜いていかなければいけません。
さらに、チャンピオンズリーグも待っている。

チームの士気を高めるため、ヘンドに課せられた使命は大きなものがあると思います。

ファンにできること。
そんなキャプテンをサポートしていきたいですね。

リバプールのキャプテンであること。
誇りであり名誉であり、それと同様にプレッシャーに包まれる日々。
それに打ち勝つこと。

克己。

そんなことを頭に入れておくと、フットボールの見方も、ちょっと違ったものになりそうです。
私も、心したいと思います。

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]