リバプールのフロント・スリーについて 


リバプールが誇る強烈なスリー・トップといえば、ロベルト・フィルミーノ、モハメド・サラー、サディオ・マネのトリオですね。
彼等がベストコンディションの中で機能したときには、もはやどのチームであっても止めることは難しい。
それだけ傑出した3人を擁するだけに、リバプールとしては、彼等のうちの誰かが欠けたときの対策を講じておく必要があると思います。

あってほしくないことですが、長いシーズンにおいては、怪我をすることもあるだろうし、過密日程の中で休ませたいときもあることでしょう。
そのとき、どのようにしてチーム力を落とさないかが、リバプール躍進の鍵を握っていると言ってもよさそうです。

今後、アダム・ララーナがベスト・コンディションに戻り、コンスタントにプレイが出来るようになれば、戦術の幅も拡がるし、プレイヤーのやり繰りも楽になることでしょう。

一方、あくまでスリートップを貫き、ウィンガーのポジションに誰かを配置するならば、もう一枚くらい新たなピースを加えてもよさそうです。

リバプールが、夏の補強で動くか!にかかってきますね。

また、私としては、ケースによっては、スリートップに固執しない試合があってもいいと思っています。

たとえば、時にはツートップを採用してみるとか、ワントップとしシャドー気味に誰かを配するとか・・・。

ロベルト・フィルミーノ、モハメド・サラー、サディオ・マネが強烈なゆえに、彼等のうちの誰かが抜けた際の戦術は用意しておきたいですね。

近々リバプールは、サウサンプトン戦、その後中2日でのポルト戦を迎えます。
まずは、この2試合をどのような戦術で乗り切るか。
そこに注目したいと、私なりに思っています。

少なくとても、夏が来るまでは現有戦力でやっていくわけで、自ずとダニー・イングス、ドミニク・ソランケにかかる期待も大きなものがありそうです。

前述したサウサンプトン、ポルトとの試合をどう戦うか。
この2試合は、戦術面も含めて、多々興味深いものとなりそうです。

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]