サウサンプトン戦に備えたメルウッドでのトレーニング風景(金曜日)


明日、日曜日にはプレミアリーグのサウサンプトン戦を控えているリバプール。
金曜日の午後、メルウッドで行われたトレーニングの模様が一部公開されていますので、今回は、その様子を見ていきたいと思います。

2位以下が混戦を極めるプレミアリーグにあって、現在リバプールは3位につけています。
この順位を下げることなく、2位のマンチェスター・ユナイテッドを捉えたいですね。

さらに今節は、トッテナム対アーセナルの直接対決があるだけに、どうしても勝ち点3が欲しいところです。

ナンバー1ゴールキーパーの指名を受けたロリス・カリウス。
コンスタントな出場機会を得ることで、今後どれだけパフォーマンスを向上させられるかが大切な部分ですね。

アダム・ララーナもチームトレーニングへと戻っており、古巣であるサウサンプトンとの試合に出場するチャンスがあるかが注目されます。

トレント・アレクサンダー=アーノルドとジニ。
何やら、明るいオーラが漂っていますね。
ジニの周りには、いつも陽光が照っているような感がいたします。

モハメド・サラーもはち切れるような笑顔。
きっとコンディションも良いのでしょう。
期待したいですね。

ジェイムズ・ミルナーとアレックス・オックスレイド=チェンバレン。
このイングランドコンビにも、出場のチャンスが巡って来る可能性は十分にあると、私としては思っています。

古巣であるサウサンプトンとの一戦に臨むビルヒル・ファン・ダイク。
日曜日の試合では、おそらくスタメンだろうと思われます。
がんばってほしいですね。

怪我を繰り返してきたアダム・ララーナですが、今度こそコンスタントに出場できるコンディションに持って行ってほしいと願っています。
アダム・ララーナがベストフィットすれば、リバプールにとっては大きな後押しになることでしょう。

アルベルト・モレノもトレーニングに戻っています。
これからは、アンドリュー・ロバートソンとのポジション争いですね。
また、はつらつとしたプレイを見せてほしいところです。

チームのために!と、常日頃言っているサディオ・マネ。
躯の切れ味も戻って来ているようだし、今後の活躍に期待したいと思います。

トレント・アレクサンダー=アーノルドは、おそらくサウサンプトン戦でスタメンで出て来ることでしょう。
ドミニク・ソランケとダニー・イングスにも期待がかかります。
ポルト戦もあるし、効果的な選手交代が出来れば理想的ですね。

リバプールが誇る点取り屋。
ロベルト・フィルミーノの素晴らしさは、コップが認めるところ。
本当に素晴らしいプレイヤーだと実感します。

トッテナム戦では、スタメンから外れたジョエル・マティプですが、ボールコントロールも正確だし、フィードも出来る。
リバプールにあって貴重なセンターバックだと思います。

ラグナル・クラヴァンもトレーニングに戻っていることが確認できます。
センターバックのポジション争いは、厳しくなりましたが、いつでも行ける準備をしておいてほしいですね。

リバプールとしては、サウサンプトンにしっかりと勝って、気持ちよくポルト戦に臨みたいところです。
ここで3ポイントを勝ち取る意味は大きいし、ぜひがんばってほしいですね。

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]