サウサンプトン戦での勝利を歓びつつチャンピオンズリーグに集中するビルヒル・ファン・ダイク


2018年1月1日付けでリバプールのプレイヤーになったビルヒル・ファン・ダイクにとって、今回が初めてのサウサンプトン戦でしたね。
ブーイングもありましたが、その声も徐々に小さくなっていったように感じました。
ファン・ダイクのプレイぶりには余裕を感じたし、クリアひとつ取っても、実に丁寧だなという印象を持ちました。

相手とヘッドで競り合う際など、とりあえずはじき返すというシーンはよく見かけますが、ファン・ダイクの場合には、空中でよくコントロールしており、味方に丁寧に繋ごうとする意図が、よく見て取れました。

また、クリーンシートという結果も残し、ディフェンダーとして嬉しいことだろうだと思います。

そのファン・ダイクですが、初めてのサウサンプトン戦に臨んだ感想などについてLiverpoolfc.comへ向けて語っています。
この場では、その一部を私なりにまとめてみたいと思います。

(Virgil van Dijk)

ちょっと不思議な感覚だったし、アウェイのドレッシングルームへ入ることなど、様々なことが違っていたよ。

だけど、ぼくはそれを楽しみ、ぼく達はクリーンシートを達成したんだ。
ゴールも良かったね。
もっとゴールを決めるべきだったけど。

勝利できて嬉しいよ。
ここは、いつだって難しいんだ。
ぼくは知っているよ。サウサンプトンが良くやれるということをね。

いい日になったよ。

今、ぼく達は、すべてをチャンピオンズリーグに集中しなければならない。

(モハメド・サラーのゴールシーンについて)
ファンタスティックで素晴らしいボビーからのアシストだったね!
あのシチュエーションは、楽しんでもらえたと思うよ。

ディフェンダーやホールディング・ミッドフィールダーとしては、誰もがチームの一員として、100パーセント集中する必要があるんだ。
今日は、それが上手くやれたね!

ファン・ダイクが持っているポテンシャル。
それがマックスで発揮されることを想像してみると、どれくらい凄いプレイヤーなのだろう!と、わくわくする思いがいたします。

センターバックにして、ファンに楽しみを与えてくれる存在というのは、リバプールにとって久しぶりのことだと思います。

前述もしましたが、ヘッドでの競り合いでも、余裕があるからこそ、丁寧な繋ぎへと持っていけるのでしょう。

これからもっとリバプールのスタイルに馴染んでくれば、益々の活躍が間違いなく期待できると思います。

頼もしい男がやって来てくれましたね。

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]