ハッピー・バースデー!ケビン・キーガン!


リバプールのクラブ史に燦然と輝く足跡を残した一人。
レッズの7番を背負った男、ケビン・キーガン。
今日、2月14日は、ケビン・キーガンの誕生日ですね。
おめでとうケビン!

いきなり私事で恐縮ですが、ケビン・キーガンには、とても強い思い入れがあります。
リバプールの試合を初めてテレビで観て、魅了され、大ファンになったときのエースが、ケビン・キーガンでありました。

そのケビン・キーガンは、1951年生まれですので67歳となりました。

小柄ながらピッチ上を無尽蔵のスタミナで走り回り、パス、ドリブル、シュート!と、あらゆる面で傑出したプレイヤーでした。
ニックネームは、マイティ・マウス!

実は、中学生時代の私の部屋には、ケビン・キーガンのポスターが貼られており・・・。

ケビン・キーガンは、今で言うところのバロンドールを2年連続で受賞しています。(当時は一般的に「ヨーロッパ最優秀選手」と、呼ばれていたと記憶しています。)
(受賞した際には、ハンブルガーSV所属)

ただ、イングランド代表のワールドカップという面に関していえば不運の人であり、その活躍はクラブでのものが特筆されるのも事実。

当時のイングランドは、2大会連続してヨーロッパ予選でイタリアと同じグループとなり、強豪同士がしのぎを削ったものでした。
ケビン・キーガンの全盛期は、こうして過ぎていきます。

ようやくにしてつかんだワールドカップ出場。
しかし、その時には、ケビン・キーガンのピークは過ぎており、大会前に怪我も負ったことから、ほとんど出場することができませんでした。

そういった意味で、私はケビン・キーガンのことを考えるとき、いつもデンマーク代表であり、ボルシアMGで活躍したアラン・シモンセンを想起します。

二人とも小柄、いずれもクラブでは7番を背負い、プレイするポジションも似ていた。
しかも、ワールドカップとは縁がない・・・。

私は、ケビン・キーガンとアラン・シモンセンを評して、「小さな巨人」と呼んでいました。

素晴らしき時代でした。
ケビン・キーガンからケニー・ダルグリッシュへと引き継がれていったリバプールの歴史と7番。

また、黄金時代が訪れることを祈って。

ケビン・キーガンには、いつまでも元気でいてほしいと願っています。

重ねておめでとうを言いたいと思います。

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]