ナサニエル・クラインの復帰が意味するもの

Nathaniel Clyne


長くチームから離脱していたナサニエル・クラインがトレーニングに復帰し、ポルト戦へ向けた遠征メンバーに入ったということは、リバプールにとって明るいニュースとなりました。
トップレベルへと持っていくには、ブランクも長かったし、それなりの時間は必要となることでしょう。
しかし、今後長い目で見たとき、ナサニエル・クラインの復帰は、いろいろなプラス要素を持っていると思います。

ナサニエル・クラインは、まだ26歳だし、これからもやっていける年齢。
ぜひ、万全の状態へと戻してほしいですね。

思えば、2015年にサウサンプトンからリバプールへとやって来て以来、ナサニエル・クラインはほとんど休むことなく、試合に出場し続けていました。
あの当時は、怪我とは無縁のようにさえ思えたもの。

ここは、しっかりと調整をして、本来のパフォーマンスを取り戻してほしいですね。

さて、ナサニエル・クラインが不在だということは、リバプールにとって痛いものでしたが、光明もありました。
トレント・アレクサンダー=アーノルドとジョー・ゴメスの成長。

二人とも、トップ・レベルの相手とやっても十分に戦えることを証明してくれましたね。

ここにナサニエル・クラインが戻ってくれば、リバプールの右サイドバックは当分安心と言えるでしょう。

一方、ナサニエル・クラインが万全の状態になれば、長期的に見て、トレント・アレクサンダー=アーノルドとジョー・ゴメスの育成も出来ると思うのです。

たとえば、トレント・アレクサンダー=アーノルドについては、中盤での経験を積ませる機会が出来るかもしれない。
ジョー・ゴメスに関しては、センターバックとしての役割にまわすことが可能になるかもしれない。

トレント・アレクサンダー=アーノルドとジョー・ゴメスの適性が、どこに一番向いているかにもよりますが、チャンスを与える下地が整うことになりそうです。

もし、ジョー・ゴメスがセンターバックで開花するならば、ファン・ダイクのプレイもお手本にしつつ、大きな成長も望めそうです。

そう考えてくると、ナサニエル・クラインが戻って来ることは、本人のためだけではなく、若手達にとっても大きな効果がある。
そんな風に思うのです。

ナサニエル・クライン自身、辛い日々だったことでしょう。
ここまで回復したのですから、じっくりとコンディションを整え、またアンフィールドのピッチを疾走してほしいですね。

おかえりクライニー!

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]