チームメイトへの信頼と賞讃を語るサディオ・マネ 「仲間が背後で仕事をしてくれるからこそ!」


0-5という完勝をおさめた対ポルト戦。
チャンピオンズリーグのファーストレグで、アウェイゴールを5点も決めるとは、予想以上の大成功だったと思います。
その立役者の一人がサディオ・マネ!
ハットトリックも決め、マン・オブ・ザ・マッチに選出されています。

しかし、サディオ・マネ自身は、何よりチームがあってこそ!と、考えているようで、みんなが良い仕事をしてくれるからゴールが決められるんだという趣旨の発言をしています。

リバプールの強烈なフロント・スリーが、話題にのぼることが多いが、その他のチームメイト達が、背後で素晴らしい仕事をしてくれるからこそ、ぼく達はゴールを決めることができる。
そういう趣旨かと思います。

サディオ・マネは、そのことを試合後にBT Sportへ向けて語っています。

(Sadio Mane)

ぼくは、いつも歓んでいるよ。
こんなにも素晴らしいプレイヤー達と一緒にやれることをね。

みんなが3人について話をするけど、チームメイトがぼく達の仕事をやりやすくしてくれるんだ。

チームなくして、ぼく達は何も出来ないよ。

彼等は、ぼく達の背後で、本当に素晴らしい仕事をしてくれる。

正直なところ、ぼく達が5ゴールを決めたといっても、決して簡単な試合ではなかったよ。
一番重要なことは、チームとしてプレイをすることだね。
ぼく達は、それをやったんだ。

最初から最後まで、ぼく達は素晴らしいフットボールをすることが出来た。
沢山のチャンスをつくり、5ゴールを決めたね。
勝利に値していたよ。

サディオ・マネのように、強烈な個の能力を持ったプレイヤーが、「チームがあってこそ!」と発言すると、重みがありますね。

ヨーロッパの舞台で勝ち上がって行くためには、チームとして機能しなければならない。

ポルト戦でのリバプールは、攻守のバランスもよく、実に効率的な試合展開が出来たと思います。

このようにして、チーム力を向上させていくことで、タイトルへと近づいていく。

ぜひとも、トロフィーを高々と掲げる姿を見せてほしいものです。

がんばってほしいですね。

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]