サディオ・マネとの新規契約をしっかりまとめたいリバプール


昨シーズン、サウサンプトンからやって来たサディオ・マネですが、2021年までリバプールとの契約は残っているものの、早い段階で新規契約延長オファーをリバプールが用意しているという報道が、このところ頻繁になされていますね。
私としても、ここはリバプールに、しっかりと話をまとめてほしいと願っています。
本当に良いプレイヤーだと思いますし。

このところ、移籍マーケットで飛び交うマネーは、驚くべき数字が踊っています。
必然的に、以前加入したプレイヤーが、それに見合った報酬を受けているか?という洗い出しの作業も必要になることでしょう。

リバプールが誇るフロント・スリー!

サディオ・マネが、まず先陣を切って、リバプールとの長期契約を結んでほしい。
そこに、ロベルト・フィルミーノ、モハメド・サラーが続く。
そんな流れをつくってほしいところです。

ビッグマネーをもって誘惑してくる巨人達。
そんなことは意に介さず、リバプールに残りたい!というチームにしていきたいですね。

リバプールの魅力は、ファンも担っていると思います。
アンフィールドで活躍をしてきたレジェンド達が、こよなくリバプールを愛し続けるのも、ファンによるところが大きいはず。

精一杯の声援を送りたいですね。

いまや、リバプールの看板ともなったサディオ・マネ、ロベルト・フィルミーノ、モハメド・サラーのフロント・ライン。
プレミア随一、ヨーロッパ屈指の破壊力だと思います。

補強も勿論大切ですが、リバプールには、しっかりと足元を固め、主力を逃すことがないように。
まずは、サディオ・マネから始めて、着実なチーム力の保持と強化を進めたいですね。

朗報を待っています。

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]