マックス・マイヤーがシャルケとの契約延長を拒否か

Max Meyer


リバプールがシャルケ所属のミッドフィールダー、マックス・マイヤー(ドイツ)を欲しがっている。
そういった報道は、かなり以前からあったわけですが、ユルゲン・クロップ監督が、非常に高く評価しているタレントだとされています。
そのマックス・マイヤーですが、シャルケからの契約延長を拒否したとの情報が流れています。

もし、本当にリバプールが狙っているとすれば、追い風になりそうですが、どうなりますか。

マックス・マイヤーは、1995年9月18日生まれの22歳。

両足を巧みに使い、テクニックに秀でたプレイヤーですね。
パスのスキルも高く、司令塔としての役割も期待できそうです。

いわゆるファンタジスタタイプと言っていいでしょうか。

若くして、ドイツA代表にも呼ばれている将来有望なタレントの一人。

昨年の夏あたりでしたか、マックス・マイヤー自身が、シャルケに残るかはフィフティー・フィフティーだと言っていたことを思い出します。
もしかしたら、新天地でのプレイを視野に入れているのかもしれません。

なお、マックス・マイヤーには、アーセナルとバルセロナも関心を寄せているとか。

今回、マックス・マイヤーが、シャルケとの契約延長を拒否したと報じているのはMirrorですが、こういった報道が出たことで、今後マックス・マイヤーの名前が、メディア上を賑わす可能性もありそうです。

シャルケは、主力の契約延長で、何度も切ない思いをしてきた部分があると思います。
リバプールもジョエル・マティプをフリーで獲得したという経緯もあり。

今後、マックス・マイヤーの去就について、多々噂が出てくるのか。
見守りたいと思います。

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]