ナポリがジョルジーニョに契約延長オファーを用意しているとの報道も

Jorginho


リバプールの補強ターゲット、その一人だとの報道が出ているナポリ所属のミッドフィールダー、ジョルジーニョ(イタリア)ですが、ナポリとの現行契約は2020年6月までとなっているようです。
ジョルジーニョには、リバプールの他にもアーセナルやマンチェスター・ユナイテッドが関心を示しているとの説がありますが、ナポリは契約延長のオファーを用意しているとのこと。

これは、Gazzetta dello Sportが報じているもので、セリエAの中でも印象的な活躍を見せているジョルジーニョに報いるために、ナポリがより良い条件でのオファーをするというものです。

ただ、今回出ている報道では、ナポリ側の動きを話題にしているもので、ジョルジーニョが、その提案を受けるか?という部分については、触れられておりません。

ジョルジーニョは、1991年12月20日生まれの26歳。
中盤の比較的深い位置から長短織り交ぜたパス・ワークを得意とするタイプかと思います。

あくまで報道ベースですが、もしジョルジーニョを放出する場合、ナポリは£50mを要求するとされてきました。

もし、ナポリがジョルジーニョに新しい契約オファーを用意しているならば、たとえばバイアウト条項などがどうなるのか?も、注目がされそうです。

ナポリとの契約延長が、すんなりとまとまるのか?
それとも、ジョルジーニョが難色を示すケースもあるのか?

今後の動向が注目されます。

リバプールの中盤における補強ターゲットとしては、他にも数人の名前が取り沙汰されており、本命は誰なのか?
まだ、その点については、明確には見えていないように思います。

ぜひ、リバプールというチームにフィットしたタレントを連れて来てほしいですね。

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]