フォア・ザ・チームの姿勢が光るサディオ・マネ


5-0での完勝をおさめた対ワトフォード戦。
この日のスターは、間違いなくモハメド・サラーだったと思います。
また、ロベルト・フィルミーノも、ザ・ブラジル人!とでも呼びたくなるようなアクロバティックなシュートを決めています。
そんな中、今回はあえて、サディオ・マネのことを書いてみたいと思います。

5ゴールが生まれたワトフォード戦では、サディオ・マネ自身のゴールこそありませんでした。
しかし、モハメド・サラーのゴールをお膳立て、演出するなどのシーンもあり、エゴを捨てたプレイぶりが印象的でした。

また、サディオ・マネは、攻撃のみならず、時には中盤の深い位置まで戻り、ある時には、最終ラインまで下がるなどもして、ディフェンス面でも大いに貢献しているように思います。

あれだけ、相手にプレッシャーをかけてくれると、リバプールのディフェンス陣も、随分と助かることでしょう。

ゆえに、私としては、サディオ・マネの貢献度は、ゴール数以上にある!と、思っています。

以前にも増して、リバプールのフロント・スリーは、頻繁にポジション・チェンジを敢行するようになっており、サディオ・マネやモハメド・サラーが、センターにポジションを取るケースも目立つようになってきました。

これは、コンビネーションの賜であり、阿吽の呼吸でプレイが出来ている証左でありましょう。

それだけ、よく動いているということですね。

私としては、ワトフォード戦でのサディオ・マネのパフォーマンスも賞讃されてしかるべしと思っております。

ロベルト・フィルミーノ、モハメド・サラーとのトリオは、いまやプレミアリーグ最強だと言ってもいいほどに。

そんな献身的な姿を見せてくれるサディオ・マネだけに、個人的には、もっとゴールも決めさせてあげたい!と、願っています。

しかし、ゴールの数だけでは推し量れないのが、サディオ・マネの価値だとも思う次第。

リバプールが手放してはいけないタレントの一人だと思います。

これからも、サディオ・マネを応援したい!
心から、そう思うところです。

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]