ジョー・ゴメスの離脱期間は3週間~4週間か


イングランド代表として、オランダとの試合にスタメン起用をされたジョー・ゴメスですが、不運なことに短い時間のうちに怪我を負い、途中交代をせざるを得ないことになりました。
痛めたのは足首だとされており、本日開催のクリスタルパレス戦は、欠場となることが決まっています。
今後、数試合の離脱が見込まれるわけですが、具体的な期間としては、3週間~4週間だと見られているようです。

ユルゲン・クロップ監督が明かしたこととして、Dailymailが取り上げており、そうなった場合、実戦復帰は、早くて4月28日(土)に予定されているプレミアリーグ第36節のストーク戦あたりでしょうか。

チェルシー戦が、第37節ですので、そこまでには戻って来られると見てよいかと思います。

ジョー・ゴメスの離脱は、リバプールにとっての痛手ですが、ジョー・ゴメス本人のことを考えると、ロシア・ワールドカップのイングランド代表入りを目指すという目標があります。
今シーズンを棒に振ってしまった場合、厳しい状況になりそうですが、何とかシーズン中に数試合はプレイ可能になりそうですね。

これまでも書いてきましたが、ジョー・ゴメスの離脱が明らかになった今、ナサニエル・クラインにかかる期待が必然的に高まりそうです。

ナサニエル・クラインは、もとより経験豊富な右サイドバックですが、今シーズンは、いまだトップチームでの出場はなく、どのタイミングで復帰戦を飾らせるかという部分が、注目されます。

私としては、今日のクリスタルパレス戦にでも使って来るのではないか?とは、予想をしています。

ジョー・ゴメスは、以前にも怪我で苦しみ、長期離脱を味わった経験があります。
一日も早い回復を心から祈りたいと思います。

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]