アダム・ララーナの怪我はシリアスなものである可能性が大


モハメド・サラーの決勝ゴールにより、クリスタルパレスから劇的な逆転勝利を飾ったリバプールですが、心配はといえば、怪我を負い、試合途中でピッチを退いたアダム・ララーナの状態ですね。
まだ、きちんとした診断は受けていないだろうし、はっきりしたことは言えない状況ですが、試合後にユルゲン・クロップ監督がプレスに対して説明をしています。

これは、LFCもオフィシャルで報じていますが、ユルゲン・クロップ監督のコメントからは、シリアスな怪我である可能性が大だと感じさせるものがありました。

ユルゲン・クロップ監督は、今の段階で、何も言えないと前置きをしつつ、アダム・ララーナの状況を見るに、明らかに悪いものだ・・・と、しています。

私なりに、ユルゲン・クロップ監督の言葉を紐解くに、次の発言が、おそらくアダム・ララーナの怪我は重いのだろうと感じたところです。

「彼は、我々の友人であり、我々のボーイであり、難しいシーズンを共に連れ合ってきたプレイヤーだ」

イングランド代表のガレス・サウスゲート監督に、アダム・ララーナを強く推薦したというユルゲン・クロップ監督。
その胸中やいかにという感がいたします。

年齢的なもの、アダム・ララーナのプレイ・スタイルを鑑みれば、おそらくワールドカップは最後のチャンスになる可能性が高いと思います。
この時期での負傷は、本当に辛いことです。

アダム・ララーナが好きだ!というファンの皆さんも多いし、私としても、とてもシビアに受けとめています。

リスク管理的にいえば、リバプールは残りシーズンをアダム・ララーナなしで戦う気構えを持ち、準備をしておく必要がありそうです。

アダム・ララーナの一日も早い回復を心から祈ります。

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]