ダニー・イングスのスタメンに含みを残したユルゲン・クロップ監督


先ほど来、明日のマージーサイド・ダービーを控えたユルゲン・クロップ監督の記者会見が行われています。
その中で、ダニー・イングスに関する話題も出ています。
明日のスタメンについて、明言を避けたものの、十分に可能性はあるように、私には思えました。

ユルゲン・クロップ監督は、ダニー・イングスの話題について、まず、こう切り出しました。

「ダニーが、ここにいてくれて、良くフィットしていることを感謝したい」

その上で、明日のスタメンであるかは保証できないとしつつ、それも悪くないというような言い回しでした。

ここで手の内を明かす必要はないし、スタメンの発表を待つ形ですね。

先日のマンチェスター・シティ戦では、ロベルト・フィルミーノが相当なハードワークをしており、モハメド・サラーもまだ不安。

私としては、朝方書きましたとおり、ダニー・イングスを使うならば今!だと思っています。

ぜひ、機会が巡ってきたならば、ダニー・イングスには活躍を期待したいですね。

重い怪我が続いた日々。
今こそ、完全復活を遂げさせてあげたい。
そんな気持ちでおります。

現実問題として、明日のスタメンをチョイスするのは、かなり難しい作業だと思います。
ここを勝ち抜けることができれば、即ち地力の証明だと言えそうです。

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]