サラー、ロバートソン、モレノの実戦復帰に期待を繋ぐユルゲン・クロップ監督


いよいよ明日は、チャンピオンズリーグ準々決勝(セカンド・レグ)のマンチェスター・シティ戦ですね。
とても重要な一戦になるわけですが、リバプールは複数以上の負傷者を抱えています。
ただ、モハメド・サラー、アンドリュー・ロバートソン、アルベルト・モレノの3人に関しては、戻って来られる可能性があるようです。

これから、マンチェスター・シティ戦を控えたユルゲン・クロップ監督の記者会見が行われますが、それを前にして、LFCがオフィシャルで、ユルゲン・クロップ監督のコメントを報じています。

慎重に状況を見るというスタンスは、ある意味当然かと思いますが、ユルゲン・クロップ監督は、次のような言葉を残しています。

「モー、ロボ、アルベルトについては、私達は、もう少し待たなければならない」

「しかし、もちろん彼等が戻って来てくれることに大きな期待を抱いているよ」

言葉のニュアンスからして、ロボあるいはモレノのいずれかは、先発で出てくると見てよさそうです。

モハメド・サラーに関しては、スタメンか?あるいはベンチに置くか?
おそらく、メンバーには加えるものと、思われます。

モハメド・サラーがいると、前線でボールが収まるし、チームメイトからボールを引き出す動きが抜群ですからね。

相手がマンチェスター・シティとあって、強力な布陣を採りたいところです。

ただ、シーズンは重要な時期にあるし、決して無理はさせないことでしょう。

いずれにしても、3人の怪我が、シリアスなものでなくて、よかったと思います。

なお、ベン・ウッドバーンもトレーニングに戻ったとのこと。

ベンにとっては、今がチャンス到来!だし、ぜひ万全にしてほしいですね。

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]