ベン・ウッドバーンの躍進に期待したい


リバプールには、トップ・チーム入りを目指して、日々実力を養っている若手プレイヤー達が沢山いますね。
あと一歩でトップ・チーム!という期待の若手、その多くは、出場機会を得るために、現在ローンで出ています。
そんな中、リバプールに残ったのが、ベン・ウッドバーン。

私は、今こそベン・ウッドバーンに期待したいと思っているし、本人にとって重要な時期が巡って来ていると考えています。

先日のマンチェスター・シティ戦は、スタメンが頑張ったためほころびは出ませんでしたが、現状、リバプールに負傷者が多いのは事実。

特に、アダム・ララーナとエムレ・チャンが揃って離脱し、復帰までには、ちょっと時間がかかりそうな気配が濃厚です。

今後、勝ち続けるためには、ベンチに入るプレイヤーも充実している必要があると思うし、おそらくベン・ウッドバーンにもチャンスが巡ってくるのではないでしょうか。

ぜひ、地力をつけて、その日のために準備をしておいてほしいですね。

ベン・ウッドバーンといえば、マイケル・オーウェンの記録を破った、クラブ史上最年少ゴールを決めた若者です。
必然的に、点取り屋のイメージがあるわけですが、私が個人的に思っているのは、ベン・ウッドバーンは、パスの技術に優れているということです。

ボールタッチも柔らかいし、ポテンシャルが高いことは間違いないかと。

いみじくも、仲良しのトレント・アレクサンダー=アーノルドが、トップ・チームに定着を果たしています。
ぜひ、ベン・ウッドバーンも良い刺激として、自分のポジションをたぐり寄せてほしいですね。

今、ベン・ウッドバーンには追い風が吹いていると思います。
この機会を逃さずに、飛躍してほしいと願うばかりです。

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]