アダム・ララーナとエムレ・チャンの今シーズン中の復帰に望みを捨てないユルゲン・クロップ監督

Adam Lallana


現在、リバプールは負傷者が続いており、実際プレイヤーのやり繰りが難しい状況になっています。
まず、ジョエル・マティプに関しては手術を行うため、今シーズン中の復帰は絶望と見られているところです。
一方、こちらも長引いていますが、アダム・ララーナとエムレ・チャンの二人については、わずかではありますが、今シーズン中に復帰できる望みを繋いでいる状況のようです。

これは、昨日行われたユルゲン・クロップ監督の記者会見における発言であり、回復してきているのは事実のようです。

その上で、ユルゲン・クロップ監督は僅かながらも、今シーズン中に復帰できる可能性はあるという趣旨の発言をしています。

ただ、仮に復帰できたとしてもシーズン終了ギリギリだと見てよいかと思います。

あくまで私の推測ですが、アダム・ララーナもエムレ・チャンも、ワールドカップ出場という夢があり、そのためにもシーズン中に復帰させてあげたいというユルゲン・クロップ監督の気持ちが入っているのではないかと想像しています。

Emre Can

怪我をしたのは、二人とも試合中においてであり、アダム・ララーナはハムストリング、エムレ・チャンは背中を痛めているとされています。

当初の見込みよりも早めの復帰を果たせるケースも実際にありますが、特にアダム・ララーナに関して心配なのは、今シーズンは怪我を頻繁に繰り返していることですね。
これからのプレイヤー生命もあるし、決して無理はしてほしくないと思います。

多くの長期離脱者を抱えてしまったリバプールですが、その中で最も早く復帰ができそうなのは、ジョー・ゴメスでしょうか。
ジョー・ゴメスも貴重な戦力ですからね。

エムレ・チャンが不在となっているのは事実であり、アンカーに関しては、ジョーダン・ヘンダーソンとジョルジニオ・ワイナルドゥムでまわすと見るのが妥当かもしれません。

ただ、最近のリバプールにとってポジティブなことは、ジェイムズ・ミルナーとアレックス・オックスレイド=チェンバレンが、実に調子がいいことですね。
この二人がいることで、相当助かっていると思います。

中盤に関しては、当面ヘンド、ジェイムズ・ミルナー、ジョルジニオ・ワイナルドゥム、アレックス・オックスレイド=チェンバレンでまわしていくことでしょう。
ただ、それでも最低もう一人は欲しいですね。

アダム・ララーナもエムレ・チャンも懸命にリハビリを行っていることでしょう。
何とか、少しでも早い時期に復帰できる道はないか?
メディカル・チームのがんばりにも期待したいところです。

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]