モハメド・サラーがチャンピオンズリーグのゴール・オブ・ザ・ウィークを受賞


各地で熱戦が繰り広げられたチャンピオンズリーグ準々決勝。
最も素晴らしいゴールを決めたのは誰か!
見事、モハメド・サラーがマンチェスター・シティ戦で決めたゴールが、チャンピオンズリーグのゴール・オブ・ザ・ウィークに輝きました。

おめでとう!

幾多の個人賞を総なめにしている感のあるモハメド・サラーですが、今回もまたやってくれました。

マンチェスター・シティとの対戦では、2試合共にゴールを決めているモハメド・サラーですが、今回受賞の対象となったのは、シティからアウェイゴールを奪ったものだそうです。

あのゴールは、56分に決めたもので、シティの戦意を削ぐ威力があったと思います。

なお、今回のゴール・オブ・ザ・ウィークにノミネートされていたのは、次のような顔ぶれです。
リバプールからは、二人が候補になっていました。

■モハメド・サラー(リバプール)

■アレックス・オックスレイド=チェンバレン(リバプール)

■クリスティアーノ・ロナウド(レアル・マドリード)

■ルイス・スアレス(バルセロナ)

■マリオ・マンジュキッチ(ユベントス)

リバプール関係者が3人いますね。

マンチェスター・シティとのファースト・レグでは、怪我を負ったか!と、心配されたモハメド・サラーですが、こうして元気に試合に出てくれて、本当に良かったと思います。

重ねて、モハメド・サラーにおめでとう!と、言いたいと思います。

グッジョブ!でした。

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]