もしトーマス・レマーを売るならばアーセナルよりもリバプール(モナコ副会長)

Thomas Lemar


リバプールの補強候補だと報じられて久しいモナコ所属のミッドフィールダー、トーマス・レマー(フランス)ですが、以前本人が移籍に関する話題を口にしており、1月でも動けなかったことに対して「ちょっと、がっかりした」と発言をしていました。
このところ、モナコの副会長が、トーマス・レマーに関することに触れており、今夏には放出する用意があるとしたことが、多くのメディアで取り上げられていました。

ただ、その場合にモナコが望む移籍金は膨大な額にのぼるとされています。

トーマス・レマーといえば、リバプールとは別にアーセナルも獲得を熱望しているとされてきました。
昨年の夏も、リバプールとアーセナルが、共にオファーをしたとされています。

そんな中、モナコの副会長は、フランスのメディアから「もし、もし売るならば、リバプールか?アーセナルか?」と、質問をされたそうです。
その際、同氏は「リバプールだ」と、答えたとのこと。

この発言が、リバプールのトーマス・レマー獲得の後押しとなるのか?

ただ、相当な移籍金を要求されそうだし、リバプールがどれだけの評価をしているか?ですね。
勿論、今だけではなく、将来性も検討されることでしょう。

リバプールは、今年の夏には、まず間違いなくミッドフィールダーの補強へと動くと思います。
ただ、その候補とされている名前は多岐にわたっており、誰が本命なのか?は、なかなか分かりません。

いずれにしても、モナコとしては、これ以上、トーマス・レマーを留め置くことは難しいと考えているのかもしれませんね。

あとは、クラブ間における移籍金の交渉次第でしょうか。

それにしても、近年における移籍金の高騰は、驚くばかりです。
それを考えたら、モハメド・サラーは、本当に良い補強だったと痛感します。

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]