ローマが公式に声明を発表 サポーターに関わる事件について


リバプール対ローマ戦の試合に際し、ローマのサポーターと見られる二人の男性が、リバプールサポーターに重傷を負わせた件については、既にお伝えをしたところです。
現在、被害者は、命を保つため戦っているとのこと。
そんな中、ローマからも公式に声明が出ました。

ローマのオフィシャル・ウェブで詳しく記されていますが、何せイタリア語なもので、リンクは省略させていただきました。

趣旨としては、概ね次のようなものです。

・ASローマは、昨夜大勢のリバプールサポーターを驚かせた少数の人間による卑劣な行為を強く非難する。

・このような下劣な行動をする者には、居場所はなく、ローマは現在、リバプール・フットボール・クラブ、UEFA、関係当局に協力をしている。

・クラブの思いと祈りは、病院にいらっしゃる53歳のリバプールファンとそのご家族と共にある。

私なりに、ローマの表明について、骨子をまとめてみたもので、本文は勿論、もっと長く丁寧なものです。

私が知る限り、今回の事件について、UEFAもコメントを発していました。
ただそれは、処分等々の話ではなく、ショックを受けているというもので、まず早めに遺憾の意を表したものと思われます。

今後、関係者や目撃者への聴取もあるでしょうし、事態の詳細が明らかになってくると思います。

私も一部、映像で見ましたが、とても残忍であり、ここでご紹介するようなものではないと判断をいたしました。

怪我をなさったリバプールファンの方が、どうぞ回復されますように。

このような行為が二度と起こらないことを強く希望します。

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]