ユベントスが近日中にエムレ・チャンの獲得を公表するとの報道も

Emre Can


移籍の噂というのは、フットボール界についてまわることで、正式に決まるまでは分からない世界ですね。
それを踏まえた上で、エムレ・チャンのことに、ちょっと触れてみたいと思います。
現時点で、いまだリバプールとの契約延長には至っていないわけですが、イタリア国内では、ユベントス入りで決まりという報道が出ているようです。

イタリアのメディアは、以前もエムレ・チャンとユベントスは、既に合意をしているという報道を出したりしていましたが、時期が時期だけに、どうなるか?は、一応チェックしてみたいと思います。

今回、エムレ・チャンの件を報じているのは、イタリアのTuttosportで、ユベントスの公式発表日を具体的に切ってきました。

チャンピオンズリーグ準決勝のローマ戦の日にあわせて、ユベントスが公式発表をすることになると・・・。

何でも、同誌によれば、ユベントスのSDとエムレ・チャンの代理人の間には、良好な関係が築かれているとか。

あくまでメディア辞令ですが、契約期間は5年間だとされています。

まず、私なりに頭を整理したいのは、これは契約であり、エムレ・チャンには選択をする自由があるということですね。
リバプールとの契約が切れてしまうわけですから。

ただ、心情的な部分で、それでいいのだろうか?という部分も消えないでおります。

エムレ・チャンは負傷中で、チームを離脱しています。

チームメイト達は、限られた戦力の中で、プレミアをチャンピオンズリーグを戦っている。
エムレ・チャンも、その姿を見ているはずです。

本当に悔いはないのかい?とは、訊いてみたい気はします。

とはいえ、プロの世界ですから、それぞれの道を行く。

今回の報道が正しいのか?誤報なのか?は、すぐ水曜日には分かります。

私としては、エムレ・チャンの去就に関わらず、リバプールは今夏において、アンカーが出来る中盤を補強すべきだと思っています。

この時期にきても、リバプールとの契約に合意できないのには、何らかの理由なり、考えがあるのでしょう。

かたや、ノールックで笑顔満面、サインしたプレイヤーもいる。

これはプロの世界。
ただ、23番を背負っているプレイヤーだし、リバプールのために、もう一仕事してほしい気はしております。

まずは、今後の状況を見るしかありませんね。

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]