アダム・ララーナのローマ戦出場はなしか


ローマ行きのメンバー23人の中に、アダム・ララーナの名前があったことは、リバプールファンにとって、とても喜ばしいことですね。
間違いなく、回復していることを意味しているし、復帰の日も近づいてきていると考えてよいと思います。
ただ、ユルゲン・クロップ監督によれば、まだ実戦に投入するには早過ぎるという判断のようです。

これは、ユルゲン・クロップ監督が、Liverpoolfc.comへ寄せて語ったもので、ローマ戦での起用は可能ではないとしています。

ただ、アダム・ララーナの復帰は近づいてきているとし、非常に歓迎をしているようでした。

おそらく、ローマへ連れて行き、チームメイトとの時間を過ごしつつ、個別メニューで調整をさせるという意味合いかと思います。

あとは、どの時点で、アダム・ララーナを実戦投入するかですね。

今年の夏には、ワールドカップもあり、おそらくシーズン中には復帰させると考えますが、無理だけはしてほしくないですね。

とはいえ、リバプールがチャンピオンズリーグの決勝へ進めば、おそらく間に合うのではないかと思われます。

あとは、プレミアリーグの残り試合で、アダム・ララーナが出場できるだけのコンディションに戻せるかが注目点だと思います。

リバプールの中盤に関しては、現在とても厳しい状態にあり、アダム・ララーナにかかる期待は大きなものがあります。

まだまだ復帰が望めないのであれば、わざわざローマまで連れて行くことはしないだろうし、プレミアリーグのチェルシー戦でどうなるか?
注目をしてみたいと思います。

今回、ユルゲン・クロップ監督のコメントが出たことで、ローマ戦でのリバプールは、やはり中盤が限られたピースになりそうです。
何とか、これ以上の負傷者なく、乗り切っていきたいですね。

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]