ビル・シャンクリーがケビン・キーガンをリバプールへ連れて来た日


この日が来ると、思い出すことがあります。
ケビン・キーガンのこと。
リバプール、栄光のナンバーといえば7番ですが、ケビン・キーガンもその番号を背負い、リバプールに栄光をもたらした一人ですね。

1971年の今日、5月3日のこと、ケビン・キーガンがリバプールのプレイヤーになっています。

当時、リバプールの監督を務めていたのは、名将ビル・シャンクリー。
スカンソープ・ユナイテッドに在籍していたケビン・キーガンをリバプールへ連れてきたことになります。

ビル・シャンクリーは、ケビン・キーガンの才能を信じ、ケビン・キーガンも監督の期待にこたえた。
そんな時代だったように思います。

ケビン・キーガンがリバプールに在籍をしていたのは、1971-1977の期間で、公式戦323試合に出場し、100ゴールをマークしています。

その記録以上に、記憶に残るレジェンドだと言っていいと、私は思っています。

今で言うところのバロンドールを2度授賞するなど、ヨーロッパ・フットボール界のエースとして活躍をしたケビン・キーガン。

名伯楽との出会いでしたね。

あの小柄な躯で、ピッチを疾駆する姿は、今も瞼に焼き付いております。
マイティー・マウスと呼ばれた、無尽蔵とも呼ばれるスタミナの持ち主でもありました。

リバプールが、チャンピオンズリーグ決勝進出を決め、きっとケビン・キーガンも歓んでいることでしょう。
いつまでも、元気でいてほしいと、心から願っております。

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]