リバプールは今夏にもクリスティアン・プリシッチ(ドルトムント)を狙いにいくのか

Christian Pulisic


ボルシア・ドルトムント所属のクリスティアン・プリシッチ(アメリカ)といえば、ユルゲン・クロップ監督が非常に気に入っている若手だとされ、相当以前からリバプールの補強ターゲットだと報じられてきました。
現実には、獲得には成功していないわけですが、ドイツ国内では、今年の夏もリバプールがクリスティアン・プリシッチ獲得に動くと見る筋があるようです。

報じているのはBildですが、やはりどうしてもユルゲン・クロップ監督としては、クリスティアン・プリシッチが欲しい!ということなのでしょうか。

ここまで高く評価されたら、クリスティアン・プリシッチも選手冥利に尽きますね。

クリスティアン・プリシッチは、1998年9月18日生まれということで、まだ19歳。
将来への期待値も高く、その移籍金は相当なものになるとは言われています。

ただ、リバプールの強みでもあり課題でもあるのは、コウチーニョを放出した資金をどう活用するかということかと思います。

思い切ってクリスティアン・プリシッチ獲りに本腰を入れるのか。

以前から噂されていることではありますが、クリスティアン・プリシッチには、マンチェスター・ユナイテッドも関心を寄せているとされています。

今年の夏こそ、ユルゲン・クロップ監督の希望が成就するのか。
ちょっと見ものですね。

クリスティアン・プリシッチの場合には、両ワイドでもプレイが出来るし、アタッキング・ミッドフィールダーの役割も担えることから、ある意味、リバプールに合っているかもしれませんね。

リバプールが、補強関連で、今年の夏にどんな動きをするのかについては、注目をされているところでもあり、その大きな注目点のひとつとして、クリスティアン・プリシッチの名前は、今後も浮上して来そうです。

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]