来シーズンのリバプールはプレミアのタイトルに挑戦してくる(ペップ・グアルディオラ監督)


2017-2018シーズンのプレミアリーグは、今日が最終戦となりますね。
振り返れば、マンチェスター・シティに独走を許してしまったシーズンでした。
そのマンチェスター・シティを率いるペップ・グアルディオラ監督ですが、リバプールは来シーズン、プレミアのタイトルに挑んで来るだろうと予想しているそうです。

思えば、無敵とでも呼べそうな今シーズンのシティでしたが、リバプールとは公式戦で4試合を戦い、3敗を喫しているのも事実。
リバプールといえば、圧倒的な破壊力を持つ攻撃陣が注目されがちですが、ペップ・グアルディオラ監督は、ファン・ダイクが加わったことにより、ディフェンスに一貫性が出来たと見ているようです。

ペップ・グアルディオラ監督の言葉については、Sky Sportsなどが報じており、この場では、その一部で恐縮ですが、私なりにまとめてみたいと思います。

(Pep Guardiola)

今シーズンの彼等は、とても大きな対戦相手だったよ。
彼等は、来シーズンもまたやってくるだろう。

私は、リバプールのことだけを言うつもりはないが、事実なんだよ、リバプールにはクオリティーの高いプレイヤー達がいる。
前線だけではないんだ。

私は、ファン・ダイクがディフェンスに一貫性を持たせる大きな助けになったと考えている。

ユルゲンはといえば、トップの監督であり、攻撃的なスタイルをつくるだけではなく、観客について考えているだけでもないね。
彼は常にポジティブであり、クラブに良い環境をもたらしているよ。

ファン・ダイクといえば、マンチェスター・シティも欲しがっているという報道は、多々ありましたね。
しかし、ファン・ダイクが選んだのはリバプールだった。

ペップ・グアルディオラ監督によれば、ファン・ダイクの加入により、特にボックス内のディフェンスが安定したとのこと。
これで、今年の夏に適切な補強をし、プレシーズンの間において、戦術が十分に浸透すれば、来シーズンは、かなり面白いチームが出来そうです。

その前に、リバプールにはすべきことがありますが。
来シーズンのプレミア制覇を実現するための勢いにするためにも、今日のブライトン戦に勝利し、レアル・マドリードを倒すことですね。

ただ、確実に言えるのは、近年のリバプールにあって、チームの総合力は、ここ2年、3年で大きく向上しているということだと思います。

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]