リバプールを救ったジェイムズ・ミルナーの存在


ジェイムズ・ミルナーのことを書いてみたいと思います。
昨シーズンは、チーム事情もあり、本職ではない左サイドバックを担当したジェイムズ・ミルナーですが、今シーズンは例外を除いて、一貫して中盤でプレイをしましたね。
正直に言うと、シーズン開幕前には、ジェイムズ・ミルナーといえども、出場機会が多少減るか?と、思ったものでした。

しかし、シーズンを戦う中において、ジェイムズ・ミルナーの出場機会が減るどころか、なくてはならない存在に。
チャンピオンズリーグでは、アシストの記録を打ち立てるなど、素晴らしい活躍ぶりでしたね。

年齢的には、リバプールのメンバーの中にあって高いわけですが、衰えなど微塵も感じさせないファイトあふれるプレイも披露してくれました。

それに何より、ジェイムズ・ミルナーは、試合を読む力があり、チームに大きな貢献を果たしたと思います。

シーズン終盤、リバプールは中盤に多くの負傷者を抱えました。
一時期は、主力が3人しかいない状況にまで。

そんなとき、ジェイムズ・ミルナーは、しっかりと中盤を引き締めてくれました。
決して目立つ存在ではありませんが、功労者の一人だと思います。

フィジカルも強いし、相手が厭がる急所を知っているのも、ジェイムズ・ミルナーの強味だと感じています。

聞くところによれば、ジェイムズ・ミルナーのリバプールとの契約は来年の夏まで。
まだまだ、やれると思うし、朗報が入ることを期待しています。

今シーズンにおいて重要な役割を果たしたことは間違いない。
私は、そう思っております。

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]