チャンピオンズリーグ決勝まであと4日 リバプールは強度の高い試合を


ヨーロッパチャンピオンの座をかけて戦うリバプール。
チャンピオンズリーグ決勝まで、あと4日となりました。
今回は、私なりに、リバプールがレアル・マドリード戦でいかに戦うかについて、多少の私見を書いてみたいと思います。

まず、レアル・マドリード対リバプール戦の試合日程や放送予定については、下記のリンクにまとめてありますので、よかったら、ご参照ください。

『レアル・マドリード対リバプール戦(チャンピオンズリーグ決勝)の試合日程や放送予定など』

もとより、レアル・マドリードには、テクニックに秀でたプレイヤーが揃っているわけですが、リバプールとしては、よく言われるところのヘビー・メタルな試合展開に持ち込みたいと、私は思っています。

厳しいプレス、激しいボディ・コンタクト、鋭いカウンター、スピード。

レアル・マドリードが面食らうような試合の入り方をしたいですね。

強度の高い試合に持ち込むことが、リバプールを優勢に導くのではないでしょうか。

言うまでもなく、レアル・マドリードのプレイヤー達は、チャンピオンズリーグのファイナルとはどういうものかを熟知しています。
一方、リバプールのプレイヤー達は、初めての経験となり、そういった視点で見たとき、レアル有利という声も聞きますが、私は、そうとも限らないと考えています。

リバプールは、ハングリーであることでは、レアルの上を行っていると思うのです。

できれば、レアルのディフェンス陣、中盤に容赦ないプレスを仕掛け、相手のテンポを崩したいですね。

そのためにも、とにかく走り負けないことが肝要だと思う次第。

レアルのディフェンス陣は、経験豊富なメンバーが揃っていますが、リバプールが誇るフロント・スリーをストップするのは、容易なことではないはず。
リバプールとしては、場合によっては、ロングフィードも織り交ぜ、前線で勝負する回数を増やしたいですね。

パワーとスピード。
しつこいほどのプレス。

レアルのプレイヤー達が、とにかく厭がる試合展開に持ち込みたいところです。

とにかく、これが今シーズンのラスト・マッチ。
思いっきり行ってほしい!
私は、そう願っています。

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]