レアル・マドリード戦(CL決勝)に備えたオリンピスキ・スタジアムでのトレーニング風景(金曜日)


いよいよ本日(日本時間では日曜日の早朝)は、チャンピオンズリーグの決勝ですね。
リバプールは、試合前日(金曜日)のトレーニングを決勝の会場となるオリンピスキ・スタジアムで行いました。

昨日、ユルゲン・クロップ監督が記者会見を行いましたが、新たな負傷者は出ていないとのことで、遠征に参加したメンバー達の笑顔も垣間見られるトレーニングになったようです。

さて、その金曜日のトレーニングの模様の一部が公開されておりますので、今回は、その様子を見ていきたいと思います。

ゴールキーパーに関しては、おそらくロリス・カリウスが起用されるものと思います。
シモン・ミニョレの分まで、がんばってほしいですね。

ジョルジニオ・ワイナルドゥムにかかる期待も大きなものがあります。
試合展開の中で、もしシュートチャンスが来れば、積極的にトライして行ってほしいですね。

どうしても注目が集まるのが、モハメド・サラーですね。
エゴに走るプレイヤーではないので、ロベルト・フィルミーノ、サディオ・マネとの連携を機能させつつ、その中で自分も生きたいところです。

チームメイトを率いて、決勝の舞台へと入って来るジョーダン・ヘンダーソン。
試合後には、高々とトロフィーを掲げてほしいものです。

プレミアリーグ最終節を欠場したジェイムズ・ミルナーですが、レアル・マドリード戦は行けそうです。
これは、リバプールにとって、実に大きいですね。
中盤での仕事量は多くなるでしょうが、ジェイムズ・ミルナーはタフだし、仕事を完遂してくれることでしょう。

アンドリュー・ロバートソンにとっては、リバプールへ移籍しての最初のシーズンでのチャンピオンズリーグ決勝となります。
闘志をむき出しにすることも出来るプレイヤーだけに、レアル・マドリード戦でも重要な存在になることでしょう。

いつも仲良し。
リバプールの若手達。

満面の笑顔があふれるショット。
ボビーは、リラックスできているようですね。
アルベルト・モレノは、常に明るい。

何やら、よい雰囲気ですね。
チームがひとつになっていることが伝わってきます。

ダッシュをするモハメド・サラー。
レアル・マドリードは、当然モハメド・サラー対策を取ってくるでしょうが、分かっていても止められないのが、今シーズンのモーですからね。
期待しています。

レジェンド達も激励に。
リバプールが優勝を果たすと、スティーブン・ジェラードがキャプテンとして活躍をしたイスタンブールの奇跡以来のこととなります。

トレント・アレクサンダー=アーノルドは、かなり気持ちが入っていると思います。
自身、クリスティアーノ・ロナウドと対戦することが楽しみだとも発言をしてきており、期待したいと思います。
若さという武器を存分に発揮してほしいと思います。

今シーズンは、怪我に悩まされたアダム・ララーナですが、最も重要な試合には、戻って来ることができました。
おそらく、ベンチからのスタートになると思いますが、交代のオプションとしては、非常に心強い存在です。

レアル・マドリード戦には間に合わないだろうとも言われていたエムレ・チャンですが、何とかコンディションを回復させてきましたね。
これが、リバプールでのラスト・マッチになるのか?
今日ばかりは、それは忘れて、出番が巡って来たときには、全力を尽くしてほしいと思います。

この人の存在は、言葉で表現できないほど大きかったですね。
ファン・ダイクがいたことが、決勝の舞台に辿り着いた大きな要素だと、私は思っています。

豪華なツーショット。
思えば二人ともに、今シーズンの新戦力ですね。
リバプールへ来て最初のシーズンから、チャンピオンズリーグの決勝進出を果たしたことは、素晴らしいと率直に思います。

サディオ・マネ。
私は、サディオにもおおいに期待をしています。

ロベルト・フィルミーノとモハメド・サラーが、相手ディフェンスを引きつけたとき、サディオ・マネにシュートチャンスが訪れるシーンが必ずあると思います。

シーズン終盤には、多くの負傷者を抱えたリバプールですが、しっかりとファイナル進出を決めました。
残るは、あと1試合。
リバプールのすべてを出し切りたいですね。

勝利を!

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]