13年ぶり6度目のヨーロッパ・チャンピオンを目指して チャンピオンズリーグ決勝の時が迫る


いよいよチャンピオンズリーグ決勝の時が目前に近づいてきましたね。
リバプールが勝利すれば、13年ぶり、6度目のヨーロッパ・チャンピオンに輝くこととなります。
前回の優勝は、ご存知のとおり、スティーブン・ジェラードがキャプテンを務めたチームによるイスタンブールの奇跡と呼ばれるあのタイトルでした。

まず、チャンピオンズリーグ決勝、レアル・マドリード対リバプール戦の試合日程や放送予定については、下記のリンクにまとめてありますので、よかったら、ご参照ください。

『レアル・マドリード対リバプール戦(チャンピオンズリーグ決勝)の試合日程や放送予定など』

思えば、ここへ至るまでの約10年間、リバプールは苦しい時期も過ごしました。
しかし、こうしてチャンピオンズリーグ決勝の舞台へと戻ってきた。

さらに、私なりに特筆したいのは、リバプールが奏でるフットボールは、常に攻撃的で、観ていて楽しい!ということですね。
ファイティング・スピリットにあふれるチームが出来上がってきたと実感します。

また、リバプールのファンは、こういったスタイルが大好きなのだと思います。

シーズン終盤へと至るに、リバプールには多くの負傷者が出ました。
それでも、プレミアリーグのトップ4フィニッシュを決め、今日ここにチャンピオンズリーグ・ファイナルの舞台へ立つ。

確かな進化を証明してみせてくれたと思います。

チャンピオンズリーグが始まった際、マンチェスター・シティを優勝候補にあげるジャーナリストも多かったと思います。
一方、もしマンチェスター・シティに勝利するチームがあるとすれば、それはリバプールだろうという声もありました。

それを見事に実現した。

相手がレアル・マドリードとはいえど、リバプールは自分達のフットボールを堂々と敢行することでしょう。

最後まで攻撃的に!アグレッシブに!
リバプールらしい姿を見せてほしいと期待しています。

願わくば、今シーズンを共に戦って来たメンバー達が、クラブの歴史に、その名を刻みますことを。

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]