最後までファイトしたリバプール 流した涙を忘れない


チャンピオンズリーグのタイトルには届かなかったリバプールですが、それぞれのプレイヤーは、戦う姿勢を見せてくれたと思います。
リーグ終盤へと至るに、多くの負傷者を出した中、よく戦ってくれたと思います。
リバプールは、まだまだ進化していけるチームだと思うし、来シーズンこそ!という気持ちを奮い立たせてほしいですね。

試合が終わって間もなくは、言葉に表せない感情が溢れ出ていることでしょう。
それでも、今回の経験が、必ずや来シーズンに生きると、私は信じたいと思っています。

プレイヤー達が流した涙。
この試合結果を含めて直視し、より強いチームへとなるステップにしたいですね。

勿論、勝利したかったし、タイトルを獲るという意味は大きかったと思います。
しかし、敗れた試合から学ぶことも大切だし、必ずや次へと生きてくることでしょう。

チャンピオンズリーグ決勝が終わり、今後はより補強に関する動きが活発化することと思います。

来シーズンは、更なるチーム力向上を図り、悲願のプレミアリーグ制覇を成し遂げ、チャンピオンズリーグでも勝ち上がっていきたい。

もう、来シーズンへ向けての戦いははじまったということですね。

零した涙は、決して無駄にならないと思うし、ここで得た貴重な経験を胸に、真に強いチームをつくりあげてほしい。
心から、そう願っています。

リバプールは最後までファイトした。
私は、その姿を誇りに思います。

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]