スティーブン・ベルフワイン(PSV)獲得を巡りリバプール、トッテナム、アーセナルが争奪戦か

Steven Bergwijn


リバプールが誇るフロント・スリー。
いまや、絶対的な存在と言えると思いますが、この3人に代わるタレントを用意しておくことも、新シーズンでタイトルを獲るための大切な部分かと思います。
長いシーズンでは、何が起こるか分かりませんからね。

さて、あくまでExpressが報じるところによればですが、PSV所属のスティーブン・ベルフワイン(オランダ)獲得を巡り、リバプール、トッテナム、アーセナルがバッティングしているとのこと。

スティーブン・ベルフワインは、1997年10月8日生まれの20歳。
オランダ期待の若手アタッカーの一人だと言っていいと思います。

同誌によれば、スティーブン・ベルフワインには、上記の3クラブが、それぞれの事情で欲しがっているとのこと。
移籍金については、£23mという金額が出てきています。

スティーブン・ベルフワインについては、やはり俊敏なドリブラー!という表現が適切でしょうか。
ドリブルでの突破は、相手ディフェンダーの脅威になると思われます。

また、右45度付近からのシュートにも強味を持っているタレントだと言えそうです。

スティーブン・ベルフワインが、リバプールの補強リストにおいて、どの位置にいるのか?など、そのへんの事情は分かりませんが、リバプールとしては、フロント・スリーが揃って出場できない試合もあるだろうし、誰か遜色ないアタッカーが欲しいでしょうね。

まだ、噂の段階ですが、スティーブン・ベルフワインが、リバプールへ来ることになれば、ジニ、ファン・ダイクに続いてのオランダ人プレイヤーに。

今後の動向を見守ってみたいと思います。

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]