リバプールの補強候補の一人としてフェデリコ・キエーザ(フィオレンティーナ)の名前も

Federico Chiesa


夏の移籍市場において、果たしてリバプールが、誰を連れて来るのか。
非常に注目されるところですが、私としては、おそらくアタッカータイプを一人は狙っているのではないかと考えています。
そういったタイプでは、既に数人の補強候補とされる名前が報じられていますが、今回はフィオレンティーナ所属のフェデリコ・キエーザ(イタリア)について、ちょっとだけ触れてみたいと思います。

フェデリコ・キエーザは、1997年10月25日生まれの20歳。
スピード感にあふれるドリブルを得意とするプレイヤーで、ワイドを主戦場としつつ、ゴールも狙えるタイプかと思います。

リバプールがフェデリコ・キエーザに関心を示しているという報道は、本年4月頃にも報じられたことがありました。

若手の有望株とあって、フェデリコ・キエーザには、多くのビッグクラブが興味を示しているとされ、Gazzetta dello Sportによれば、セリエAの多くの有力クラブが狙っていると報じており、プレミアリーグのクラブでは、リバプール、マンチェスター・シティ、マンチェスター・ユナイテッドが、欲しがっているとしています。

移籍金については、いろいろ説がありますが、£44m以上の金額をフィオレンティーナは要求するともされてきました。

リバプールが、最終的に誰を連れてくるのか?は、まだ分かりませんが、やはりフロント・スリーの負担を軽減できるだけのタレントは欲しい。
おそらく、それはほぼ間違いのない線かと思います。

ただ、ファビーニョの獲得を決めた際にもそうでしたが、いきなり噂になっていなかったタレントが来る可能性も否定できず、まだまだ今後の動きは分かりませんね。

新シーズンでのリバプールには、今度こそタイトルを!という命題があるし、ぜひ実りある補強をしてほしいと期待しています。

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]