リバプールの補強候補としてチャグラル・ソユンク(フライブルク)の名前も

Caglar Soyuncu


時節柄、移籍関連の話題が増えておりますが、ことリバプールに関していえば、最近はアタッカーの話題が多かったという印象を受けます。
そんな中、今回はセンターバックの噂・・・が出ておりますので、ちょっと取り上げてみたいと思います。

Mirrorが報じるところによれば、リバプールはブンデスリーガのフライブルクに所属するセンターバック、チャグラル・ソユンク(トルコ)に関心を持っているとのこと。

チャグラル・ソユンクは、1996年5月23日生まれの22歳。
センターバックとしては、まだ若手の部類に入るかと思います。

チャグラル・ソユンクに関しては、以前からアーセナルが欲しがっているという報道が結構出ていたと、私は理解しています。
Mirrorも、そのことは報じており、リバプールが、その獲得レースに加わっているという趣旨の報道になっています。

チャグラル・ソユンクは、空中戦に強いだけではなく、センターバックにしてスピード(走力)があるタイプだと言われていますね。
後方からの繋ぎにも定評があると聞きます。

ブンデスリーガで頭角を現し、この夏における注目プレイヤーの一人だとも。

Mirrorの記事では触れられていませんが、アーセナル関連の記事を読むと、移籍金については、£30mが軸になると見られているようです。

リバプールのセンターバックに関しては、まずファン・ダイクがファーストチョイスであることは、動かないと思います。
あとは、今後長期にわたるパートナーをどうするか?という課題をどう解決するかですね。

チャンピオンズリーグ決勝では、デヤン・ロブレンが、非常に気持ちのこもったプレイをしたし、ジョエル・マティプも新シーズンには戻って来る。
さらに、将来的には、ジョー・ゴメスもセンターバックを努める可能性が高そうです。

ただ、リバプールにとってやり繰りが難しかったのは、センターバックの枚数は揃っているものの、ちょっと怪我が多かったのも事実。
タイトル争いをするために万全を期すならば、センターバックも補強ポジションのひとつと言えるかもしれません。

今後、リバプールのセンターバック候補として、どんな名前が浮上してくるのか。
注目したいですね。

こと、チャグラル・ソユンクに関して言えば、リバプールとアーセナルの争奪戦になった場合、リバプールにはチャンピオンズリーグ出場権がある。
その差は、結構大きいようにも思います。

ユルゲン・クロップ監督が、果たして誰に目をつけているのか。
非常に注目されます。

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]