ボビーはまるでディフェンダーのように仕事をする(サディオ・マネ)


リバプールが誇る攻撃陣。
ただ、攻撃力に優れているだけではなく、フォア・ザ・チームの姿勢が素晴らしいですね。
今回は、サディオ・マネが、チームメイトのロベルト・フィルミーノについて語っていることをご紹介してみたいとおもいます。

サディオ・マネは、ロベルト・フィルミーノの仕事ぶりに、ある種畏敬の念を覚えているとのこと。
まるで、ディフェンダーのように働く姿勢を讃えています。

また、ちょっとユーモアを交えて、ダンスを強要するボビーの話もしてくれております。

これは、LFCのオフィシャルDVDに収録されたものだそうで、その一部をLFCがテキストでも紹介しています。

ここでは、その一部で恐縮ですが、サディオ・マネの言葉を私なりにまとめてみたいとおもいます。

(Sadio Mane)

彼はハードワーカーであり、信じられないプレイヤーだよ!

常にピッチ上で、彼は自分がすべきことを見ていて、まるでディフェンダーのようにチームのために尽くしている。
それでいて、彼はストライカーなんだ。

これこそが、彼がスペシャルな由縁であり、ぼく達にとって彼は、とても、とても、とても重要な存在なんだ!

ロベルトは、いつも誰かとダンスをしたがるんだよ。
彼は、いつだって、ぼくにダンスを強要してくるんだ。

ぼくはベストを尽くすけど、彼のようには上手くできないよ。
彼は、ぼくに言ってくるんだ。
どうして、いつものようにダンスが出来ないんだ?ってね。

ぼくは、こうこたえるのさ。
ヘイ!ボビー!ぼくはシャイなんだ!君のようには踊れないよ!ってね。

すると、彼は言うよ。
カモン!マイ・フレンド!ぼく達は、やらなきゃいけないんだ!
お互いに楽しまなきゃね!違うかい!とね。

2人の良い関係性がみえてきて、つい嬉しくなりますね。

ボビーですが、2017-2018シーズンは、リバプールでの公式戦に54試合の出場を果たし、27ゴール、17アシストを決めています。
その数字だけでも素晴らしいのですが、ボビーの場合には、記録に残らないハードワークが出来るという才能とハートがありますからね。

そのことをサディオ・マネは、よく分かっているということでしょう。

リバプールのフロントスリーは、こういった気持ちでいてくれる限り、新シーズンも猛威をふるいそうですね。

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]