シモン・ミニョレはワールドカップ終了後にユルゲン・クロップ監督と話し合う考えを表明

Simon Mignolet


現在、ベルギー代表として、ロシアワールドカップに参加しているシモン・ミニョレですが、新シーズン以降の去就がどうなるか?が、注目されます。
リバプールからプレイヤーが離れていくことは、いつだって寂しいものですが、シモン・ミニョレが置かれた状況を直視すると、仮に移籍を考慮したとしても責めることは出来ないと思います。
ただ、シモン・ミニョレとしては、ベルギーがワールドカップで勝ち上がっている間は、代表での仕事に集中したいと語ったそうです。

2017-2018シーズンは、ゴールキーパーのレギュラーとしてスタートしたシモン・ミニョレですが、2018年となってから状況が変化し、ナンバー1の座をロリス・カリウスに譲った形になっていました。

年齢のことを考えても、シモン・ミニョレが将来のことを思慮するのは、ある意味当然かもしれません。

シモン・ミニョレの件は、Dailymailなどが報じており、次のような言葉もあったとのこと。

(Simon Mignolet)

ワールドカップから帰った後に、ぼくは自分の状況について考えることになる。
今の段階では、何も話はしていないよ。
ベルギーのことに集中しようと思っているからね。

また、シモン・ミニョレによれば、ベルギーの試合がある前には、リバプールのゴールキーパーコーチが、必ずメッセージを送って来てくれるそうです。
フィットできているかい?と、気遣う内容だとのこと。

いまは、ベルギー代表のチームに加わっているわけですから、自分のことは先送り。
それが、正直な気持ちだと思います。

それが終わったとき、ユルゲン・クロップ監督も真摯に向かい合うことでしょう。

まったくの仮定ですが、シモン・ミニョレがリバプールを去ることになった場合、ロリス・カリウスのメンタル、自信が、どこまで回復出来るのか。
ここも懸案だと言えそうです。

リバプールは、噂どおりに新ゴールキーパー獲得に動くのか。

シモン・ミニョレとユルゲン・クロップ監督との話し合いでは、そういった将来的なプランも、おそらく話題になることでしょう。

そういう季節になっているということですね。

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]