チェスター戦では異なる2チームで臨む(ユルゲン・クロップ監督)


明日、土曜日にはチェスターとのフレンドリーマッチを迎えるリバプールですが、新チームが始動して間もないこともあり、まずはそれなりの時間帯でのプレイとし、より多くのプレイヤーを起用してくるだろうことは、容易に想像することができます。
ユルゲン・クロップ監督は、基本的に45分ずつ、異なる2チームを組みたいと考えているようです。

まず、チェスター対リバプール戦の試合日程などは、下記のリンク先にまとめてありますので、よかったら、ご参照ください。

『チェスター対リバプール戦の試合日程など(フレンドリーマッチ)』

Liverpoolfc.comへユルゲン・クロップ監督が語ったところによれば、チェスター戦に臨む基本的スタンスは、前述したとおりで、ファーストハーフ、セカンドハーフで、違うメンバーを投入する考えているそうです。

ただ、ポジションによっては、その通りに行かないケースもあり、ユルゲン・クロップ監督は、あくまで「プランだ」ともしています。

おそらく、センターバックを念頭に置いているのではないか?とも思われます。

いろいろ注目点はありますが、やはり大きな部分でいえば、ファビーニョ、ナビ・ケイタの新戦力組の活躍。
さらに、若手がアピールしようとする姿を見ることだと思います。

まだ、最初の試合であり、今後徐々に負荷を増してゆくことでしょう。
この時期に一番怖いのは怪我だし、そこには留意して、よい調整をしてほしいですね。

フレンドリーマッチとはいえ、久しぶりにレッズのプレイヤー達を見られるのは嬉しい限り。

チームをふたつに分けるとのことですが、ファビーニョとナビ・ケイタは同時に起用してくるように、私は思うのですが、その部分も注目ですね。

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]