初戦からしっかりと結果を残したハリー・ウィルソン


たかがプレシーズンマッチ、といえばそれまでですが、プレイヤーによっては、今後の将来を左右する重大な時期であることも確かだと思います。
ハリー・ウィルソンのことを書いてみたいと。
昨日のチェスター戦、スタメンで出て来たハリー・ウィルソンは、45分間のプレイをし、見事に2ゴールを決めてみせました。

上々の滑り出しだと思います。

私が見聞きする限りでは、ハリー・ウィルソンをローンでほしい!と、言って来ているクラブは多いようです。
とりわけ、セルティックのブレンダン・ロジャーズ監督が熱心だとされており、急いでいるとか・・・。

しかし、ユルゲン・クロップ監督としては、ハリー・ウィルソンの新シーズンをどうするか?を急いで決めたくない意向だと聞くし、プレシーズンの間にしっかり見たいという考えだとされています。

ハリー・ウィルソンが決めた2ゴールは、しっかりとコントロールされたシュートで、実に落ち着いていました。
熱いハートも必要ですが、頭は冷静でいることも重要だと、私は思います。
その点、ハリー・ウィルソンは、非常にクレバーなプレイぶりを見せたのではないでしょうか。

まずは、最初のハードルを上手くクリアしましたね。
次の試合でもアピールできれば、印象はかなり良くなるように思います。

ハリー・ウィルソンの魅力は、いろいろありますが、ドリブルが上手いとか、縦に速いだけではなく、カットインして、ゴール付近でも仕事ができることがいいですね。

花のあるタイプだと思うし、ぜひリバプールで大成してほしいと期待します。

ハリー・ウィルソン自身も、今年こそ!と、心中に期すものがあるようですし、ユルゲン・クロップ監督に猛アピールをしてほしいところです。

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]