忘れられない出来事になった(デヤン・ロブレン)

Dejan Lovren


ロシアワールドカップ準決勝において、延長戦の末、イングランドに勝利し、決勝進出を決めたのがクロアチア代表。
クロアチアとしては、初のファイナルということになりますね。
思えばクロアチアは、グループステージの段階から、良いフットボールを見せており、それを継続してきたところがすごいですね。

さて、クロアチアといえば、リバプールファンにとってはデヤン・ロブレンですが、決勝進出を果たし、忘れられない出来事になったと、感無量なようです。
さらに、フランスとの決勝へ臨む意欲も示しています。

デヤン・ロブレンの言葉については、LFCもオフィシャルで伝えていますので、この場では、その一部を私なりにまとめてみたいと思います。

(Dejan Lovren)

ぼく達にとって、決して忘れられないものになることだろう。
人々は泣いていたね。
ぼく達にとって、歴史的なことだよ。

決して忘れない。
20年前の記録を破ったんだ!
(クロアチアは、1998年の3位という成績が最高位でした。)

ぼく達は、その重みを背負っていくことになるし、人々は、ぼく達のことを忘れないだろう。

より以上のチャンスが、ぼく達にはある。
それを日曜日には成し遂げたいね。

ファーストハーフは、タフだったよ。
ぼく達は、ボールをコントロールできなかったし、状況もコントロール出来ていなかった。

でも、セカンドハーフになると、ぼく達はすごく良くなったんだ。
追加タイムになっても、ぼく達はやれる!というところを見せることが出来たんだ。

ここまで来たら、クロアチアのデヤン・ロブレンの幸運を祈りたい思いです。

前述もしましたが、グループステージで非常によいフットボールをしていたクロアチア。
そういうチームは、えてして決勝トーナメントでは、チームコンディションが落ちてくることがよくありますが、クロアチアの粘り強さはすごいですね。

チーム力を開幕からずっとキープできているところは、賞讃に値すると、私は思います。

リバプール目線でいえば、クロアチアが快進撃を続けたことで、チームへの合流は遅れます。
ただ、不動のファン・ダイクがいるし、ジョエル・マティプも間に合いそうです。
さらに、若手のジョー・ゴメスも、おそらくセンターバックとして計算されているのではないでしょうか。

デヤン・ロブレンは、今はワールドカップに集中している。
さらに、その先には、リバプールでのポジション争いですね。

これぞプロの世界と言えそうです。

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]