ダニー・ウォードがレスター・シティへ移籍(リバプールが公式発表)


新しいゴールキーパーとして、ローマからアリソンを迎えたリバプールですが、来る人あれば去る人あり。
既に報道レベルでは話が出ていましたが、つい先ほどリバプールから公式発表があり、ダニー・ウォードのレスターへの移籍が正式に決まりました。
まず、ダニー・ウォードの幸運を心から祈りたいと思います。

ダニー・ウォードがリバプールへやってきたのは、2012年1月のことですが、ファーストチームでのレギュラー・ポジションには恵まれず、ローン生活も経験しました。

リバプールでは、第3ゴールキーパーという位置づけにあったダニー・ウォードですが、ウェールズ代表にコンスタントに呼ばれるためにも、やはり出場機会は必要だったと思います。

リバプールから去ることは、率直に寂しい思いがいたしますが、公正に考えて、ダニー・ウォードのためになるならば、拍手で送り出したいですね。

ダニー・ウォードといえば、やはりハダースフィールドへローンで行っていたシーズンの活躍が印象的でした。
見事、ハダースフィールドをプレミアリーグ昇格に導く立役者となっています。

ぜひとも、新天地のレスターで、おおいに活躍をしてほしいと思います。

ダニー・ウォード。
これまで、ありがとう!
そして、素晴らしい日々が待っていますように。

幸運を。

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]