リバプール 土曜日のトレーニング風景(ドルトムント戦を前にして)


インターナショナル・チャンピオンズカップ出場のため、アメリカへ渡ったリバプール一行ですが、土曜日の午後には、バンク・オブ・アメリカ・スタジアムでトレーニングを行ったそうです。
このスタジアムは、現地時間日曜日に開催されるドルトムント対リバプール戦の会場となります。

現地のファンもリバプールのトレーニングを一目見ようと駆けつけていたようです。
土曜日に行われたトレーニングの模様については、その一部が公開されていますので、今回は、その様子を見ていきたいと思います。

リバプールでの2シーズン目を迎えたアンドリュー・ロバートソン。
昨年の夏、ハル・シティからやって来たわけですが、ビッグクラブでプレイをするのは初めての経験でした。
しかし、堂々たるプレイぶりを披露し、大きく評価を高めましたね。

2シーズン目は、自信を持って、より積極的に行けることと思います。

こういったトレーニングのやり方は、オーソドックスですが、メルウッドとは、また違った雰囲気を感じますね。
陽光からアメリカ的なものを感じてしまいます。

モハメド・サラーもさっそくトレーニング。
2017-2018シーズンは、幾多の記録を塗り替えた大活躍。
リバプールの攻撃陣は、より強度を増しており、モーに訪れるチャンスも増えてくれると期待しています。

昨シーズンは、怪我に泣いたアダム・ララーナですが、ここまでは非常に順調に来ていますね。
躯のキレもシャープだと思うし、チームに違いを与えられるプレイぶりは、さすが!だと実感します。
このまま、好調をキープして、開幕を迎えてほしいところです。

ナビ・ケイタは、いろいろな部分で、傑出した才能を持ったプレイヤーだと思います。
攻守にわたり、リバプールの肝になれるタレントではないでしょうか。
今から期待が膨らみます。

モハメド・サラーの表情も明るいですね。
チャンピオンズリーグ決勝、ワールドカップと、モーにとっては辛いこともありましたが、新しいチャレンジに、気持ちも切り替わっているようです。

プレシーズンマッチの初戦から好調を維持しているダニエル・スタリッジ。
躯のキレもシャープだと感じます。
また、ここまで見てきた印象だと、若干下がったポジションから、相手ディフェンスの裏を狙うパスを提供するなど、意識的にプレイの幅を拡げている様子が感じられます。

忘れられた男・・・という有り難くない称号を与えられてきたラザル・マルコヴィッチ。
しかし、先日のブラックバーン戦では、リバプールの先制点を叩きだしています。
厳しい状況ではあると思いますが、腐らずにファイトする姿勢は立派だと思います。

ジョーダン・ヘンダーソンが不在の中、チームのリーダーとして仲間を牽引しているジェイムズ・ミルナー。
プレシーズンマッチの初戦から、実にアグレッシブさを感じさせるプレイをしており、その気持ちが伝わってきます。
やはり、リバプールには欠かせない存在だな!と、改めて実感する次第です。

センターバックとして、さらには攻撃の起点として、大きな存在感を見せるファン・ダイク。
先日のプレシーズンマッチでも、縦へのロングフィードを何度となく前線へ供給しており、一気に逆襲に転じるリバプールのスタイルに、ぴったりだと思います。
私なりには、新シーズンで最も期待するプレイヤーの一人です。

ロリス・カリウス。
ブラジル代表の守護神であるアリソンがやって来ることになった今、ロリス・カリウスの心中やいかに。
ただ、このところ自信を喪失するようなプレイが続いていたので、むしろアリソンが来ることで、一度肩の荷をおろし、一からスタートする気持ちでチャレンジしてほしいですね。
考えようによっては、再スターとを切る良い機会になるかもしれません。

現地は、雲一つない青空に包まれていたようですね。
良いアングルのショットです。

現地ファンの声援にこたえるプレイヤー達。
こうして、リバプールを応援する人達が、さらに拡がりをみせてゆくのでしょう。

センターバックに関してですが、デヤン・ロブレンは、ワールドカップ決勝まで行った関係で、チームに帰って来る時期が、まだ先になります。
ジョエル・マティプとしては、当然開幕戦でのスタメンを狙っていることでしょう。
怪我もすっかり癒えたようだし、この夏は、しっかりとフィジカルをつくっておいてほしいですね。

左サイドバックのポジションについては、ファーストチョイスはロボだと思います。
アルベルト・モレノとしては、プレシーズンの間に、どれだけ自分のストロング・ポイントをアピールできるか!が、大切になりますね。
がんばってほしいと思います。

若手達にとっても、大切なプレシーズン。
やはり、こうしてみると、まだあどけなさを感じます。
しかし、試合になれば、堂々たる姿で、ピッチを躍動する。
ぜひ、チャンスを生かしてほしいですね。

レジェンド達。

インターナショナル・チャンピオンズカップに関しては、ボルシア・ドルトムント戦からスタートし、マンチェスター・シティ戦、マンチェスター・ユナイテッド戦が組まれています。
いずれもビッグクラブとの対戦ですが、短期間に3試合を行うため、多くのプレイヤーが起用されることと思います。

限られたプレイ時間で、どれだけのアピールができるか。
勝負強さも問われる数日間になりそうです。

とにかく、大切な時期ですので、負傷者を出すことなく、良い調整をしてほしいと願っております。

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]