ロベルト・フィルミーノがリバプール入りを薦めてくれた(アリソン)

Alisson


晴れて、リバプールの一員となったアリソンですが、レアル・マドリードやチェルシーが獲得を欲しているとされる中、選んだのはリバプールでしたね。
そこには、ロベルト・フィルミーノの存在も役割を果たしたようです。
ロベルト・フィルミーノは、リバプールがいかに良い街であるかをアリソンに話していたそうです。

これは、Sky Sportsがアリソンの言葉を報じているもので、今回は、アリソンの発言の中から、ボビーに関わる部分に絞って、まとめてみたいと思います。

(Alisson)

このことが動き出した最初の頃には、彼(ボビー)と、話をしたよ。
交渉が正式なものになったとき、ぼくは彼と話をしたんだ。
このクラブや街の良いところばかりを彼から聞いたよ。

彼は、この場所を本当の我が家だと感じているんだ。

彼は、ファンから愛され、チームメイトからも人気がある。
ぼくがここへ来るならば、とても嬉しい!と、彼は言ったよ。

ぼくは、この上なく幸せさ!

またしても、ボビーのグッジョブがありましたか。
そうだと思っていた皆様もいらっしゃるとは思いますが。

ファビーニョがリバプール入りを決める際にも、ボビーがリバプールの良さを伝えてくれたと語っていました。

それだけ、ボビーがリバプールを愛していることの証だと思うし、これで益々ボビーは、コップの人気者ですね。

リバプールで幸せだと言い、友人にも心から薦めてくれる。
そんなプレイヤーを持ったクラブもファンも幸せですね。

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]