リバプールのアンカーについて改めて考えてみる


2018-2019シーズン・プレミアリーグの開幕が近づいてきましたね。
まだ移籍市場は閉まっておらず、今後リバプールに動きがある可能性はありますが、今回は現時点におけるアンカーについて、ちょっとだけ触れてみたいと思います。

昨シーズンは、特に終盤において、ミッドフィールダーに負傷者が相次ぎ、非常に厳しい戦いを演じたリバプール。
あの状態で、チャンピオンズリーグ決勝まで行ったことは、ある意味すごいことだと、私なりには思っております。
チームの結束力ですね。

ミッドフィールダーといえば、アンカーの重要性は、言うまでもありません。
一時期は、エムレ・チャンが抜けたらどうなるのか?という不安もあったわけですが、ファビーニョを獲得したことで、ターンオーバーも可能になる陣容が整ったと思います。

まず、アンカーといえば、キャプテンであるジョーダン・ヘンダーソンの名前を忘れるわけにはいきません。
ヘンドの場合には、ワールドカップでのイングランド代表として奮闘しましたので、プレミアリーグの実戦に戻ってくるには、それなりの時間がかかることでしょう。

一方の新戦力であるファビーニョは、プレシーズン初日からチームと行動を共にしており、徐々にフィット感が向上しているように、私には見えます。
特に、ポジショニングのクレバーさが光りますね。

おそらく、シーズン当初におけるアンカーは、基本的にファビーニョで行くものと予想します。
その後は、ヘンドもポジション争いに加わってくるでしょうが、試合によっては、ヘンドを一列前で起用するケースもあるように思います。

ファビーニョ、ヘンド共に、アンカーで起用できない試合が出来たらどうするか?
その場合には、まずジョルジニオ・ワイナルドゥムでしょうか。

さらに、それも無理な場合には、ナビ・ケイタもこなせるだろうし、それも難しいときには、リバプールにはジェイムズ・ミルナーという頼もしい存在があります。

これだけのメンバーが揃っていれば、長いシーズンも、何とかまわせるように思います。

また、今回は、4-3-3のシステムを念頭に書きましたが、昨シーズンのプレミアリーグ最終戦でやったように、4-2-3-1という形で、中盤の底に二人を配置することも、今シーズンのメンバーならば十分にやれることでしょう。

リバプールは、非常に攻撃的なチームであり、それが特徴でありつつ魅力ですが、こうして名前をあげてみると、守備力の高いミッドフィールダーも増えましたね。
率直に言って、よい傾向だと思います。

こうして、改めて考えてみると、プレシーズン当初から、ジェイムズ・ミルナーが非常にアグレッシブな姿勢を見せていることにも納得がいきます。

プレミアリーグ、チャンピオンズリーグ、さらには国内カップ戦を勝ち抜いていくために、リバプールは明らかに陣容を強化した。
それは事実として言えると思います。

新シーズンの開幕が楽しみですね!

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]