マルコ・グルイッチにはリバプール残留の線も


プレミアリーグ開幕を間近に控え、そのことはデッドラインデーがやって来ることも意味していますね。
移籍市場の窓が閉じるのは、正確に申し上げると、現地時間木曜日の17:00だとのこと。
日本時間に換算しますと、本日25:00でしょうか。

移籍市場最終日に、リバプールが更なる補強をするのか!という点は、勿論注目されますが、一方放出面でも動きがあるかが気になるところです。

マルコ・グルイッチに関しては、以前ローンで行っていたカーディフから強いラブコールがあるとされています。
また、ラツィオも、その獲得に関心を示しているという報道は、以前から随所で見られるところです。

しかし、マルコ・グルイッチの気持ちとしては、リバプールに残ってポジション争いをしたい!というところにあるようですね。

カーディフとしては、ローンで欲しいという要望を発信しているようですが、なかなか難航しているとされています。

ご存知のとおり、今シーズンのリバプールは、中盤に強力なタレントを多数揃えています。
その中であっても、リバプールに残ってポジション争いをしたいという強い意志があるのであれば、私はマルコ・グルイッチを残して、競わせてもいいと思っています。

マルコ・グルイッチは、ミッドフィールダーにして、上背にも恵まれているタイプだし、何かきっかけを掴んでブレイクすることがあれば、スケールの大きなプレイヤーになるようにも思います。

いずれにしても、あとは時間の経過と共に、何が起こるかを見てゆくしかありませんね。

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]