デッドラインデーにあたり リバプールのストライカーについて


今日は、各メディアを見渡しますと、デッドラインデーという言葉が踊っていますね。
あくまで私が受けている印象としては、最近の移籍市場において、リバプールが最終日に大きな補強をしたケースは、ほとんどないと思います。
ただ、サプライズがあるかもしれませんが。

さて、このデッドラインデーにあたり、今回は、リバプールのストライカーについて、ちょっと考えてみたいと思います。

リバプールの場合には、まずロベルト・フィルミーノありき!で、チームを組み立てることでしょう。
場合によっては、ゼロトップだって行けるかもしれない・・・。
あるいは、モハメド・サラー、サディオ・マネにセンターを任せることも出来ますね。

さらに言えば、新戦力のシェルダン・シャキリを中央に持っていくことも可能。

ただ、長いシーズンを戦い抜くには、どうしても本職のストライカーは必要になると思います。

シーズンオフの早い段階においては、私としては、ボビーの次にユルゲン・クロップ監督が位置づけているのは、ダニー・イングスとドミニク・ソランケだと考えていました。

しかし、ダニー・イングスが移籍したいという希望を持っていそうなこともあり、ちょっと状況が変わりましたね。

そんな中迎えたプレシーズンマッチでは、存外にダニエル・スタリッジのパフォーマンスが良かった!

プレシーズンマッチを送る中で、現状でいえば、ダニエル・スタリッジが2番手に上がっているのではないか?と、私なりには思っています。
ゆえに、まず放出することはしないでしょう。

ただ、難しいのは、ダニエル・スタリッジを残した場合、ストライカーの人数がどうなるか?という部分ですね。

まだ、正確な情報が分かりませんが、ダニー・イングスとディボック・オリギが、リバプールに残る可能性も囁かれています。
そうなると、ボビーは別として、ダニー・イングス、ディボック・オリギ、ダニエル・スタリッジが揃って控えになるということに・・・。

海外のクラブへの移籍であれば、まだ余裕はありますが、リバプールが望んでいる移籍金が高すぎるのでしょうか?

さらに考えてみると、今シーズンあたりは、若手のライアン・ブリュースターにも、そろそろチャンスを与える時期に来ていると思います。
完全に怪我が癒えたら、ファーストチームに合流してくるのではないでしょうか。

そう考えると、今日の時点で注目すべきは、やはりダニー・イングスとディボック・オリギの去就となりそうです。

ドミニク・ソランケに関しても、スティーブン・ジェラードが、ローンでレンジャーズに欲しがっている・・・という噂はあり、さてどうなるか!というところですね。

特に、ダニー・イングスを欲しがっているのはプレミア勢だとされており、今後数時間での動きが注目されます。

それにしても、どのポジションも激しい競争が起こりそうですね。
そんな中、完全にユルゲン・クロップ監督の信頼を得ているボビーは、やはりすごい!と、思わざるを得ません。

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]