ラファ・ベニテス監督(ニューカッスル)がラグナル・クラヴァンを欲しがっていたとの報道も


リバプールに関わる移籍の話題では、さほど表に出ていない部分もあるようです。
Newcastle Chronicleからの情報としてエコーが取り上げているところによれば、ラファ・ベニテス監督が、デッドラインデーにラグナル・クラヴァン獲得を欲していたとか・・・。

ただ、同誌が報じているのは、そのプランも諦めることとなり、ラファ・ベニテス監督は、非常にがっかりしているとされています。

私は、ニューカッスルのことに詳しいわけではないのですが、監督とプレイヤーというより、経営陣と現場が上手くいっていないようですね。

賃金の未払いとか、ちょっとネガティブな話題が表に出て来ている印象があります。

私としては、ちょっとラファ・ベニテス監督には同情もしています。

ニューカッスルのプレイヤー達は、クラブとしてのスケジュールである写真撮影なども拒否したという報道も過日出ていたところです。

開幕前から、ニューカッスルファンにとっては不安な状態ですね。

ラファ・ベニテス監督としては、ラグナル・クラヴァンならば、お買い得で補強が出来ると考えたのかもしれません。
ただ、その移籍金さえもままならなかった・・・。
そういうことでしょうか。

ラグナル・クラヴァンといえば、ハムストリングに問題を抱えていましたが、開幕戦には間に合うのか?

これは、予感のようなものなのですが、開幕戦のベンチに、いきなりデヤン・ロブレンがいるような気がしている私です。

まずリバプールとしては、デヤン・ロブレンやジョエル・マティプなどが、コンディションを整えて戻って来られるまで、センターバックのやり繰りをすることですね。

実は、ジョー・ゴメスの状態も、気になっているのですが、あまりニュースにはなっていないので、心配な怪我ではないのかもしれません。

ファン・ダイクにも、時には休養を与える必要はあるし、センターバックのコンディション維持にも努めてほしいですね。

それにしても、ラファ・ベニテス監督。
この状況で、どうやってニューカッスルに結果をもたらすか。

開幕戦の相手はトッテナムだけに、ある意味注目だと思います。

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]