ダニー・イングスがリバプールに感謝のメッセージ


デッドラインデーもギリギリのタイミングで、サウサンプトンへの移籍が決まったダニー・イングス。
既にお伝えをしましたが、2018-2019シーズンはローン、2019年7月1日付けで、正式にサウサンプトンのメンバーとなります。
実質的に、ダニー・イングスとお別れのときであり、笑顔と拍手で送り出したいですね。

そのダニー・イングスですが、リバプールへ感謝のメッセージを発しています。

これは、ダニー・イングスがInstagramにアップしたもので、LFCもオフィシャルで伝えています。

(Danny Ings)

リバプールFCのすべての人々に感謝したい。
家族のように迎え入れてくれたし、辛い時も良い時も、ぼくの近くにいてくれた。

LFCの未来が、成功で満ちることを願っている。
すべてが恋しいよ。

YNWA

ダニー・イングスがリバプールへやって来たのは、2015年夏のことでした。
その活躍が認められ、イングランド代表に初招集されたときは、ファンもおおいに歓んだものでした。

しかし、2度にわたる膝の大怪我を負い、治療、リハビリの日々を送って来たダニー・イングス。
それでもダニー・イングスは、立ち上がって来た。
そのメンタルや、讃えるべきだと思います。

サウサンプトンでの活躍を祈りたいし、くれぐれも怪我には気をつけて。
あえて私は言いたいと思います。
行ってらっしゃい!イングシー!

リバプールファンの一人として、心からのエールを送ります。

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]