モハメド・サラーは直近のプレミアリーグ29試合出場で29ゴールを達成!


リバプールにとっての2018-2019シーズン開幕戦となったウェストハム戦。
新しいシーズンの幕開けを告げるファーストゴールをゲットしたのは、やはりモハメド・サラーでした。
LFCによれば、この日もゴールを決めたことで、モハメド・サラーは直近のプレミアリーグ29試合出場において29ゴールを達成したとのこと。

ゴールアベレージと申しましょうか、アタッカーにとって、1試合に平均1ゴール!というのは、誰もが夢見る数字だと思います。

それをやってのけてしまうモハメド・サラーとは。
素晴らしい!の一言ですね。

ウェストハム戦で、モーが決めたゴールは、まさにチームメイトと一緒になってのものだったと思います。
完全に崩した!という表現が適切かと。

まず、エリア中央をナビ・ケイタがドリブルで前へと運んでいきます。
相手ディフェンダーを十分に引きつけたナビ・ケイタは、左ワイド気味から上がって来たアンドリュー・ロバートソンにパスで開きます。

ボールを受け取ったロボは、低い弾道の速いクロスをゴール前へ提供します。
そこにモーが、しっかり合わせ、綺麗なゴール!

ロボのクロスは、相変わらず質が高いですね。
また、その前におけるナビ・ケイタの動きも賞讃されるべきだと思います。

こうして、チームとしてゴールを生み、決めるのがモーだという展開。
リバプールが勢いに乗るパターンだと思います。

昨シーズンは、驚くべき活躍を示したモー。
今シーズンは、ナビ・ケイタなど、心強い仲間も加わり、より一層の大活躍が期待できそうです。

まずは、プレミアリーグで白星発進をしたリバプール。
次からの試合でも、高い集中力を保ち、連勝街道を進みたいですね。

その原動力として、モハメド・サラーの決定力にも、自ずと期待がかかります。

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]