コウチーニョが8月のプレイヤー・オブ・ザ・マンスに

Coutinho
ファンが選ぶ、8月のプレイヤー・オブ・ザ・マンスにフィリペ・コウチーニョが選ばれました。

まずは、おめでとうフィリペ!

印象としては、もはやこの賞は、コウチーニョの指定席といった感を抱きます。

開幕のストーク戦も、コウチーニョの一発!で、勝利を拾ったようなものでしたからね。

今回は、受賞にあたってのコウチーニョの声を一部ご紹介したいと思います。

(PC)
ありがとう。
実際ぼくは、賞をもらえるとは期待していなかったよ。

ぼくは、プレイすることだけに集中していたし、ピッチで自分達の仕事をすることだけを心がけたんだ。

賞をもらえると知ったときには、とても嬉しかったよ。

常に思うことは、サポーター達が選んでくれたんだということだね。
そのことは、もっとよい活躍をするための自信と喜びになるよ。

機会があるごとに言ってきたけど、ぼくは自分自身のことよりもチームを優先している。

ぼく達は、いいスタートを切ったものの、いくつかの問題と困難な試合があった。
でも、シーズンはまだ始まったばかりだし、ぼく達は改善していけるし、すべきことが出来るようになると思っているよ。

レッドカードを受けたことに関しては、正直動揺したよ。
前回の試合に出られなかったしね。
でも、それは過ぎたことだし、ぼく達は、前を向いてやっていくよ。

stream_img

コウチーニョには、心から、おめでとう!と言いたいです。

実際、今のリバプールを牽引しているのは、コウチーニョだし、彼がいないことで、どれだけリバプールがチームプランの選択肢を失うかは、マンチェスター・ユナイテッド戦で明らかになりました。

理想的には、コウチーニョが、ますますの活躍を続けてくれて、プレイヤー・オブ・ザ・マンスをストライカーが獲得する月が増えるといいですね。

改めて、おめでとうフィリペ!

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]