ユルゲン・クロップのリバプール監督就任は全会一致が条件 メディアより

Klopp
ブレンダン・ロジャーズの処遇を巡る騒動は、やや鎮まったのか、むしろ火種が増したのか?は、なかなか難しい議論のあるところかと思います。

ただ、先週の金曜日に続投宣言をしたロジャーズが、その後も再び、結構強い口調で、監督を辞するつもりはないと公に発言したことに関し、一部不快感を示しているOBがいるのも事実です。

メディアでは、ロジャーズ解任の芽は残っているという論調が多く、その後任候補は、ユルゲン・クロップとカルロ・アンチェロッティの二人に絞られたとするところもあります。

一方、ミラーが報じるところによれば、ユルゲン・クロップサイドとしては、リバプールの転送委員会が、ブレンダン・ロジャーズの後任として、全会一致でクロップ就任に賛成することを条件にしているとも・・・。

さらに、転送委員会自体を廃止するよう求めているという情報もあるようです。

真相というのは分かりませんが、具体的にクロップ側の要望が、記事になったのは、初めてではないか?と、思っています。

ファンとしては、純粋にプレイを試合を楽しみたい!という気持ちがある一方、監督問題を早く整理してほしい・・・・という思いもあることでしょう。

この問題は、同じリバプールファンの間でも、意見が多種分かれるところかと思います。

ただひとつだけ言えることは、木曜夜のヨーロッパリーグあるいは、日曜日のマージーサイドダービーで、リバプールが、不甲斐ない戦いをすれば、メディアは更に騒ぐであろうこと・・・。

どうすることが、今のリバプールにとってベスト、いやベターなのか?
私も、静かに考えてみたいと思います。

LINEで送る
Pocket