アルベルト・モレノ 「クロップが僕を信じてくれているから良いパフォーマンスが出来る」

JS74927173
新シーズンが開幕し、しばらくは左サイドバックのポジションを若手のジョー・ゴメスに奪われた形になっていたアルベルト・モレノですが、監督がユルゲン・クロップに代わり、「彼がぼくをとっても信用してくれていることが、よく分かる」と語り、よりモチベーションを高めているようです。

この気持ちの背景には、「ロジャーズからは信頼してもらえなかった」という気持ちがあるようです。

また、「踊ってみせてよ」という記者からのリクエストには、キャピタルワンカップのタイトルを取ったら、ピッチ上でダンスをすると約束してしまいました(笑)

(AM)
ぼくは、南米のダンス・ミュージックが大好きなんだ。

踊ってみろって!?
とんでもないよ!

でも、タイトルを取ったら、そのときには、ピッチ上でダンスするよ。

彼(クロップ)が、ぼくを信じてくれていることを、ひしひしと感じるんだ。
そのことが、ピッチ上での良いパフォーマンスにつながっていると思うよ。

でも、多分、(ロジャーズは)それほど信頼してくれていなかった。
少なくともシーズン当初は、そうだったよ。

彼(ロジャーズ)は、ぼくに言ったよ。
ハードワークはしているが、5,6試合は使えないよと。
きつかったね。

怒りを抱いたことも認めるよ。

彼は、君にもチャンスは来ると言った。
でも、ぼくはプレイ出来なかったし、心の中では激怒していたんだ。

ぼくは、いいプレイが出来ると感じていたし、トレーニングも一生懸命にやったよ。
彼も、ぼくがトレーニングでよくやっていると言っていた。

なのに、どうして起用してもらえないのかが、まったく理解できなかったよ。

JS74927713

アルベルト・モレノが、心の内を明かしたということでしょうか。

辛い時期を過ごしてきたし、怒りも覚えていた。

しかし、ユルゲン・クロップは、自分のことを信じてくれている。
だから、がんばれる!と。

人間というものは、自分を認めてくれる者のためには、ものすごい力を発揮するものだと思います。

シーズン序盤のことは、今後におけるアルベルト・モレノにとって、ある意味、とてもいい勉強になったと捉えれば、その分、大きな成長が出来ることでしょう。

少なくとも、アルベルト・モレノは、全力で戦っていく準備が万端だ!と、言ってよさそうです。

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]